福島県大熊町吉田淳町長を表敬訪問

2020-12-31 (Thu) 14:27
 さる12月23日、弊社吉澤幸夫代表取締役が福島県大熊町吉田淳町長を表敬訪問をしました。(写真 向かって右側が吉田町長)
 東日本大震災から来年3月で10年が経ちますが、ここ大熊町は原発事故により復興がこれから本格化を迎えます。町民に賑わいや笑顔を戻すべく復興事業は、大熊町役場前に、商業施設、交流施設、温浴施設、宿泊施設の4施設の建設が急ピッチで行われています。その4施設の運営を来年9月から指定管理者として託されたこと受けてのご挨拶です。弊社は、同じ東日本大震災で津波による甚大な被害を受けた宮城県女川町や石巻市で温浴施設の運営に携わってきています。全国から多くの励ましの声を頂きながら、行政も議会も住民もそして私たち民間企業も頑張ってきたことを体験的に承知しています。ところが、大熊町は放射能漏れのために、約10年という周回遅れでのスタートになります。10年という歳月は、日本人に東日本大震災を風化させてしまうのに必ずしも少ない年月ではありません。弊社は、被災地での活動でもった「熱い気持ち」と「知見」をすべて出し切って頑張りますので、これを機会に皆様におかれましても福島の復興に注目していただきますようお願いします。大熊町表敬訪問

新着情報What's New!

堅実な運営システムと 充実し...

指定管理者制度に基づき公共施設の総合運営管理をトータル的に行っております。ご利用者の関心や興味が活発に増加・変動する今日、公共施設も地域社会のニーズに合わせて、画期的かつ充実したサービスの提供は欠かせません。サンアメニティでは、地域に密着した公共施設運営の提案~サポートそしてバックアップを行い、地域の活性化を目指します。積極的な活動と迅速な対応でトータルサポート蓄積された経験とノウハウで2­重のバックアップ体制
RSS 2.0