石巻市老人福祉センター寿楽荘「開設一周年」

2017-12-03 (Sun) 10:27
(現地担当者報告から)
 11月
26(日)を持ちまして、宮城県石巻市「寿楽荘」がオープンして一周年を迎えることが出来ました。
 多くの皆様方にご尽力と激励、またご指導ご鞭撻を頂きながら、立ち上げよりこれまで無事故で運営することができ、心より感謝申し上げます。
 東日本大震災で最大の被災地(死者・行方不明者3,977名)である石巻市。その旧市役所跡地に、被災高齢者の「交流の場」として期待され、建設された寿楽荘の役割は非常に大きいものがありました。
 高齢化が進む石巻市中心部にあり、オープンより続々と新たな利用者が増え続け、昨年12月から本年11月末までの一年間で利用者数は延べ21,093名に上り、旧寿楽荘利用者数に対し176%の実績を出すことが出来ました。 特に、女性の利用を促進するための対策が功を奏し、旧寿楽荘の女性利用者に対し月間平均で266%の利用増加となりました。
 これからも、更に地域としっかりと連携し、お年寄りの「交流」と「生き甲斐作り」の場として成長していきたいと思います。
寿楽荘一周年1寿楽荘一周年2寿楽荘一周年3寿楽荘一周年4寿楽荘一周年5寿楽荘一周年7寿楽荘一周年8寿楽荘一周年9

 

新着情報What's New!

最新テクノロジー導入による ...

情報化社会に対応するインテリジェントビルは、施設それぞれの機能が異なるため、管理運営に求められる業務は多岐にわたります。サンアメニティは、あらゆるニーズに応える人材と技術と企画を導入するとともに、大切な環境要素である確実性と清潔感、変わらぬ笑顔を提供します。堅実な業務により、皆様を安全な環境へと導きます
RSS 2.0